「ユース水フォーラム2022」が始動します!

報道関係各位

特定非営利活動法人日本水フォーラム(認定NPO法人、代表理事:竹村公太郎、所在地:東京都中央区)は、2021年度より新たな人材育成事業「ユース水フォーラム」を開始しました。第4回アジア・太平洋水サミットが、15年ぶりに日本で開催されることを契機に開始したものでもあります。

2021年度は、九州地方8県の高校生世代(15~18歳)の皆さんを主な対象として、水をテーマとした動画作品(英語)を募集しました。応募作品は30件、ユース水フォーラム公式ウエブサイトで公開されています。これら応募作品は、第4回アジア・太平洋水サミットでも紹介・発信されほか、応募者の代表や有志の皆さんが、同サミットの各種プログラムにも参加し、交流しました。

2022年度は、全国の高校生世代(15~18歳)を対象に、水に関するテーマを伝える動画作品(英語、3分)の募集を行います。これに伴い、ワークショップ・交流会、応募動画の発表会なども計画しています。詳細は来月以降に順次、ユース水フォーラム公式ウエブサイトで公表して参ります。

「ユース水フォーラム」への参加を通じて、高校生世代の皆さんには将来、SDGsを実現する国際人材となって頂くことを目指します。2022年度から新たに必履修科目となった「地理総合」の、学習の一助となることも目指しています。

報道発表資料はこちら

2021年度活動実績

  • 動画制作に取り組む皆さんの活動プラットフォーム「ユース水フォーラム・九州」を発足
  • 高校生世代の皆さんに、短編動画(英語)を制作し応募頂いた。応募30作品。
  • 応募作品を、ウエブサイトやSNSで、インターネット上で公開・発信した。
  • 公式ウエブサイト
  • 公式フェイスブック
  • 公式Youtubeチャンネル
  • 第9回世界水フォーラム(セネガル政府と世界水会議(国際NGO)の共催、ダカール、2022年3月)で動画の展示を実施した。
  • 第4回アジア・太平洋水サミットの各種プログラムに参画した。
プログラム内容
現地展示会ブース出展2枠。出展者名義「ユース水フォーラム・九州」「ユース水フォーラムくまもと」
オンライン展示会出展1枠。出展者名義「ユース水フォーラム・九州」
分科会6「ユース」「ユースによるリーダーシップ、イノベーション」をテーマに、アジア開発銀行(ADB, Youth for Asia)、グローバル・ウォーター・パートナーシップ(GWP)、九州大学、ユース水フォーラム・九州の4者で主催。
開会式ユースによるサミット開始宣言
閉会式閉会にあたっての若者からのメッセージ
オンライン行幸啓ユースご懇談
報道関係からのお問合せ先
日本水フォーラム 桑原・福田 03-5645-8040 press[at]waterforum.jp
([at]をアットマークに変えて送信してください。)

お使いのブラウザーはこのサイトの表示に対応していません。
より安全な最新のブラウザーをご利用ください。