JWFファンド

2020年10月20日

JWFファンド

JWFファンド2019 ポンプ設置と衛生教育による健康状態の改善(パプアニューギニア)

jwff2019_255_a1_200×249 jwff2019_255_a2_255×300
プロジェクト完了後
ハンドポンプの試運転をする作業員
水供給の開始を祝う
パフォーマンス

iconmonstr-user-20-240
 水質の良い水を十分利用できることは、生きていく上でとても大切です。
Robert Tomさん(42歳、男性)のコメントより抜粋

実施地の課題
ラバビア村は、フオン県の南沿岸サラムアラ地区にある最大の村で、長い砂浜と澄んだ青い海がある美しい熱帯の地域にある。ラバビア村では台風の発生頻度が高く、台風による雨は大洪水をもたらす。 2016年、この地域は強い台風に襲われ、飲み水や生活用水の水源といった地域の環境が荒廃した。それ以来、村人はボートで2時間かけて、毎日水を汲みに行かなければならなかった。
水へのアクセスが非常に制限されているために公衆衛生を保つことができず、下痢、腸チフス、マラリア、コレラなどの病気が発生していた。 2016年には、村で土砂崩れと洪水が発生し、村の給水システムだけでなく、畑や自然の動植物も被害を受けた。
政府による給水施設設置への支援や、村にあるコミュニティスクールへの支援は行われておらず、子どもたちが安全な水を利用できるように給水施設を建設する必要があった。

プロジェクト実施前の様子

jwff2019_255_b1_300×183 jwff2019_255_b2_300×182
錆により故障したハンドポンプ 住民が水を汲んでいたため池

 プロジェクト内容
・地区の保健職員による活動計画のワークショップ、啓発と教育活動
・水と衛生に関するトレーニング
水の保存時や飲用前には煮沸する必要があること、トイレ使用後と食事前には手を洗うこと、ハエが食事につかないようにすることなどについて、地区の保健職員がトレーニングを行った。
・水質検査
水質は良好であった。
・ハンドポンプ導入
・ポンプ導入・維持管理に関するトレーニング
・コミュニティ主導の監視体制構築

プロジェクト実施の様子

jwff2019_255_d1_300×220 jwff2019_255_d2_267×300
資材運搬の様子 ポンプ設置工事

現場からの声

iconmonstr-user-20-240
Robert Tomさん(44歳、男性、プロジェクトチームのメンバーでカミアリ組合会長)

  • 水は生命そのものであり、質の良い水を十分利用できることは、生きていく上でとても大切で欠かせません。カミアリの人々は、支援を受けることができて本当にうれしく思っており、JWFと日本の人々からの大きな援助に感謝しています。

 iconmonstr-user-20-240
David Judaさん(男性、学生)

  • 災害によって給水設備が壊れてしまっていたので、支援を受けられたことは本当に素晴らしいです。洗濯のためやきれいな水を得るために、もう遠くまで行かなくてすみます。

iconmonstr-user-20-240
 Joe Nasing さん(男性、コミュニティの指導者)

  • 村々の多くの子どもたちが、下痢やその他の水系感染症に罹っていたので、この支援は非常に重要なものです。質の良い水を得られれば、健康状態は確実に改善され、薬を手に入れるために、遠くまで、例えばラエまで行かなくてもよくなるでしょう。

 

JWFファンド2019

JWFファンドは、2005(平成17)年に日本水フォーラム(JWF)が設立し、JWFへの会費や一般の方から寄せられた寄付を元に独自に運営する助成基金です。発展途上国の水問題解決のために草の根活動を行っている団体を対象に、毎年プロジェクトを公募し、採択された団体には1プロジェクトあたり1,000 USドルを上限とした資金を助成しています。JWFファンドにより、これまで177件のプロジェクトを支援し総受益者数は240,000人を越えました。(2020(令和2)年6月現在)

JWFファンド2019では36カ国から302件の応募があり、選考の結果、6カ国7件の活動プロジェクトを支援しました。

JWF2019map_jp

※数字は支援件数、カッコ内は受益者

JWFファンド2019の支援件数と受益者数

実施概要
・実施団体:Morobe Development Foundation Inc. (MDF)(#255)
・プロジェクト名:ラバビア村における持続可能な水供給の改善
・実施国・地域:パプアニューギニア、モロベ州
・実施期間:2019年9月~2020年3月
・受益者数:800人(小学校児童300人、村人500人)
・実施費用:1,717.36 ドル(JWFファンド990ドル、受益者27.36ドル、実施団体700ドル)

jwff2019_map5
パプアニューギニア

(報告者:ディレクター 浅井重範、アシスタント・マネージャー 田畑美世)

一覧を見る