お知らせ

2019年02月13日

お知らせ 水未来会議

【3月8日開催】シンポジウム『国連【世界水の日】記念・水未来会議2019』ご案内

日本水フォーラムは、来る3月8日(金)14:00~(開場13:30)、シンポジウム『国連【世界水の日】記念・水未来会議2019』を開催します(参加無料)。

水未来会議とは、日本水フォーラムが毎年主催するシンポジウムです。ESG投資の潮流、国連持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定、日本の水循環政策など、国内外の重要な動向を踏まえ、長期かつ広範なビジョンのもと、次世代の行動に向けて闊達な議論を行うものです。

プログラムの最新情報はこのページで逐次お知らせしてまいります。多数のご参加をお待ちしています。
ご参加申込〆切:3月1日(金)

開催概要
催事名:国連【世界水の日】記念・水未来会議2019
日時:平成31年3月8日(金)14:00~17:00(開場13:30)
場所:参議院議員会館 (1階・講堂)東京都千代田区永田町2-2-1
主催:特定非営利活動法人日本水フォーラム
後援:外務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、環境省、水の安全保障戦略機構 ほか申請中
助成:公益財団法人河川財団(河川基金)
参加対象:民間企業、関係省庁・自治体、市民団体、一般、プレス等
参加方法:完全事前申込制、参加無料
参加者数: 200名程度

プログラム  使用言語:日本語

  • 基調講演:関正雄氏(損害保険ジャパン日本興亜株式会社 CSR室 シニア アドバイザー、明治大学経営学部特任教授)
  • パネルディスカッション
    ファシリテーター;寶馨氏(京都大学大学院 総合生存学館 学館長)
    パネリスト/スピーカー;
    ・熊谷和哉氏(環境省 水・大気局 水環境課長)
    ・前田千夏氏(株式会社日水コン経営企画本部経営企画部担当課長)
    ほか
    • まとめ:竹村公太郎(日本水フォーラム代表理事・事務局長)

※昨年開催の様子はこちらからご覧頂けます。

※プログラムは予告なく変更することがあります。

開催趣旨
環境・経済・社会が複合する諸課題の解決において、民間企業は、その経済的・社会的影響力の大きさから、最も重要な主体です。民間企業の取組みを支援し、促進し、民間企業との協働を図ることで、より効果的、新規的な解決が実践されることが期待されています。また、水問題は、環境・経済・社会に通底する重要な課題です。水は、あらゆる生命の源であると同時に、古来あらゆる人間活動を支えてきました。そこで、水未来会議2019では、民間企業の取組みの一層の普及に貢献するため、水の観点から持続可能な社会構築を目指す取組み方策について、検討・議論を行います。一般に企業の経営課題とされてきたテーマを、水との関わりから読み解く試みにも挑戦します。

聴講申込要領
いずれかの方法でお申し込みください。

申込方法①:こちらのURL(Google Drive)よりご登録ください。

申込方法②:Eメールで、以下の必要事項をもれなくご記入の上、お申込ください。
件名:【3月8日】シンポジウム参加申込
メール本文:
1) ご芳名・ふりがな(複数ご参加いただける場合はご参加者様ごとにご記入願います)
2) ご所属・部署・役職(該当なき場合はご職業)
3) 連絡先電話番号・Eメールアドレス(両方必須)
4) 参加きっかけ(選択してください)①日本水フォーラムからのメール ②日本水フォーラムのウエブサイト③○○様(ご記入ください)からのご紹介 ④その他(ご記入ください)

申込受付後、ご参加いただける方には参加証をEメールにてお送りします。参加証の無い方は入館できませんのでご注意ください。

参加申込・お問い合わせ:seminar[at]waterforum.jp 03-5645-8040(土日祝を除く、9:30~18:00)
[at]をアットマークに変えて送信してください。

※このシンポジウムは、公益財団法人河川財団の河川基金の助成を受けています。
20161003_river-foundation_4c_yoko

一覧を見る