ユース水フォーラム — 未来の水のためにワタシたちができること。

ユース水フォーラムとは

「水」は地球規模の課題であり、また、日本各地域の課題です。国連の持続可能な開発目標(SDGs)において、水は様々なゴールやターゲットに関連するテーマであり、水に関わる問題の解決には、世代を超えた取組が必要です。
そこで、次世代を担う高校生世代の皆さんに、ご参加頂くプラットフォーム「ユース水フォーラム」を立ち上げました。持続可能な未来は、皆さんが「水」といかに向き合うかにかかっています。

ユース水フォーラム・九州とは?

課題解決のために
世界で活躍する人材を

第4回アジア・太平洋水サミット(4APWS)の開催地である
熊本県熊本市を中心に、九州地方8県の高校生世代の皆さんにご参加頂く
新しいプラットフォームです。
令和3年度は、水に関するテーマを伝える
英語の動画を募集します。

※2022年4月23日(土)・24日(日)に開催される、
開催国政府等と国際ネットワーク組織「アジア・太平洋水フォーラム」が
共催する首脳級会合。

ユース水フォーラム 動画募集要項

[対象年齢]15~18歳(応募時) ※高校生世代 [募集地域]九州地方8県 ※他地域からも参加希望があれば受け付けます [応募締切]2021年11月30日(火)

応募動画等は、セネガル共和国のダカール市で令和4年3月開催予定の「第9回世界水フォーラム」、熊本市令和4年4月開催予定の「第4回アジア・太平洋水サミット」等で上映するなど、公開することがあります。

動画募集の目的

近年の気候変動とそれに伴う豪雨・豪雪や干ばつの被害など、水に関わる問題は多くあり、世界的に深刻になっています。水は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)全体に関わる大切なテーマとなっており、また地域の歴史にも関係しています。
水問題の解決には世代を超えた取組が必要です。そこで、次世代を担う高校生世代の皆さんが作成した、水をテーマとした動画を募集します。

※高等学校学習指導要領「地理歴史科」の「地理総合 ※2022年度より必須科目」は、持続可能な社会づくりの観点が中心的課題であり、社会的事象の地理的な見方・考え方を鍛えることが必要とされ、国際協力、SDGsや生活圏の自然災害と防災等について学習します。

作品テーマ

身近な生活での水の出来事、水に関する研究、地域の水に関するボランティア活動や伝統行事、そして水に関する国際交流活動など、内容は自由です。

皆さんの投稿

応募作品はユース水フォーラムの
YouTubeチャンネルに掲載されます。