japanesejapanese
サイトマップ  リンク  お問い合わせ

水を生かす。未来が生きる。チーム水

トップページ
水の安全保障
チーム水・日本
行動チーム
戦略機構
・戦略機構トップ
・発起人挨拶
・設立趣意書
・規約
・組織概要
・委員会情報等

日本の水の叡智
ダウンロード
お知らせ

トップ > 水の安全保障戦略機構 > 委員会情報等


行動チームAction Team



委員会情報等

第15回基本戦略委員会開催報告


日本水フォーラムが事務局を務める水の安全保障戦略機構は、2月22日(水)に衆議院第一議員会館国際会議室にて第15回基本戦略委員会を開催しました。
基本戦略委員会は水の安全保障戦略機構執行審議会委員から構成され、主に日本の21世紀文明を見据えた流域管理のあり方等を検討する委員会です。

2009年1月30日の設立以来、15回目となる今回の委員会は、初めて議員会館での開催となり、過去最多となる国会議員8名も含めた産官学民の様々なチーム水・日本関係者が委員会に出席しました。

昨年5月に開催された第14回基本戦略委員会では、今後の活動の方針として、平成24年10月に発出した提言「低炭素で持続可能な水・物質循環社会へ-50年後を目指して、今日から歩む-」に記載されているそれぞれの解決策の具現化を目指すことが確認されました。

今回第15回基本戦略委員会は、前回委員会で確認された方針をうけ、提言に記載されている解決策の具現化、特に健全な水循環達成に向けた適正な地下水管理や水・物質循環の枠組み、ダムや上下水道等の既存のインフラ設備を活用した新たな経済価値の創出等、省庁横断的な解決策について議論や提案がなされました。

次回の委員会(現在日程調整中)では、今回の委員会で議論した内容をうけ、水循環基本法や水循環基本計画に基づいた健全な水循環達成に向けた個別の議論や、膨大なインフラの有効活用及び効率的な整備を推進するための施策等について議論を展開する予定です。 日本水フォーラムは、水の安全保障戦略機構事務局の活動を通じて、国内及び国外の水問題解決に向けた施策の具現化に向けた政策提言活動を展開していきます。


 日 時平成29年2月22日(水)10:00~13:00(9:30開場)
 場 所衆議院第一議員会館1階 国際会議室
 出 席 者約83名(国会議員8名、執行審議会委員21名、行動チーム関係者16名、省庁関係者15名、聴講者等23名)
 議 事1.開会
(1)開会の挨拶
(丹保議長/北海道立総合研究機構理事長、北海道大学名誉教授, 放送大学名誉教授)
(2)国会議員挨拶
(3)新任委員のご挨拶
遠藤誠作委員/北海道大学公共政策学研究センター研究員、元三春町企業局長
石川薫委員/学校法人川村学園理事、川村学園女子大学特任教授
(4)委員退任の挨拶
高橋裕委員/東京大学名誉教授

2.今後開催される水に関する国際会議等の報告事項(各5分)
(1)第3回アジア・太平洋水サミット開催について(発表資料)
発表者:守安邦弘/日本水フォーラムディレクター
(2) 第17回世界湖沼会議-いばらき霞ヶ浦2018-開催について(発表資料)
発表者:松井三郎委員/京都大学名誉教授
(3)日本UNEP協会の活動紹介について(発表資料)
発表者:平石尹彦/日本UNEP協会理事

3. 低炭素で持続可能な水・物質循環社会の具現化に向けた執行審議会委員及び
各チームからの活動報告・提案(各10分)
(1)水循環フォローアップ委員会の取組み報告(全体討議含み20分)(発表資料)
発表者:沖大幹委員/国連大学副学長、東京大学生産技術研究所教授
(2) 灌漑用水に関する最新の動向に関する報告(発表資料)
発表者:佐藤洋平委員/国際灌漑排水委員会日本国内委員会委員長
(3)既存ダムのエネルギー活用に関する提案(発表資料)
発表者:竹村公太郎委員/水の安全保障戦略機構事務局長、日本水フォーラム代表理事
(4)(2 )及び(3)に関する全体討議

-休憩-

(5) "水源から蛇口まで"水と緑の連携インフラ整備支援取組みの進捗報告(発表資料)
発表者:石黒路明/水と緑の連携インフラ支援プログラム研究会共同事務局長、
水と緑の連携推進機構代表理事
(6) 亜臨界水技術が支える資源循環産業(発表資料)
発表者:松下潤/中央大学研究開発機構教授、亜臨界水処理チーム代表
(7) 持続可能な社会のための地下水研究について(発表資料)
発表者:谷口真人/総合地球環境学研究所副所長/日本地下水学会会長
(8)(5 )~(7)に関する全体討議

4.閉会

»議事概要


bar

copyright: Water Security Council of JAPAN all rights reserved.