japanesejapanese
サイトマップ  リンク  お問い合わせ

水を生かす。未来が生きる。チーム水

トップページ
水の安全保障
チーム水・日本
行動チーム
・行動チームトップ
・行動チームへの参加方法
戦略機構
日本の水の叡智
ダウンロード
お知らせ

トップ > 行動チーム > 参加方法


行動チームAction Team



行動チームへの参加方法

行動チームとして、参加する際には、下記より行動チーム様式をダウンロードし、チーム名、行動内容、課題分析、留意事項を記載の上、下記送付先にe-mailにて送付して下さい。
行動チーム様式(45kB)


送付先
水の安全保障戦略機構事務局(特定非営利活動法人日本水フォーラム内)
mailgraphic

各項目の記載内容
【チーム名】
どのような行動をするのかをわかりやすくPRする名称をつけてください(特定の個人・団体等の名称は付けないでください。)。

【行動主体】
主要な行動主体となる団体、企業、学識者、省庁、自治体等の氏名、役職を記述してください。そのうち、チームの代表となる者については、連絡先(電話番号、メール・アドレス)も記述してください。チームとなることについて調整中等の場合は、その旨も記述してください。

【行動内容】
どのような国内外の水問題を解決しようとしているのかを、テーマ、解決の手法、地域等を明確にしながら記述してください。なお、テーマは以下より選択ください。
(1)持続可能な水インフラシステムへの転換
(2)既存水インフラを融合させた流域全体での水循環管理
(3)表流水・地下水一体の水循環管理
(4)上・下水道一体の広域管理システム
(5)基幹的農業水利施設の戦略的な保全管理
(6)低炭素社会への水システムイノベーション
(7)水辺を含む流域の生態系の環境保全
(8)関係法令の整備
(9)日本の叡智の継承

※上記テーマの詳細については、平成24年10月発出の提言"低炭素で、持続可能な水・物質循環社会へ-50年後を目指して、今日から歩む-"を以下URLよりご参照ください。
 http://www.waterforum.jp/twj/wscj/mtg/13-0215/doc/13-0215-01.pdf

【課題分析】
なぜ、何が障壁になって、問題解決が遅れている、うまくいかないのか、なぜその課題がこれまで解決されなかったのか等の現状の問題点を簡潔に明記してください。

【留意事項】
解決方法をとる場合、他の機関等への影響や企業秘密の保持等、留意すべき事項があれば記述してください。

問い合わせ先
水の安全保障戦略機構事務局(特定非営利活動法人日本水フォーラム内)
担当:佐藤
電話:03-5645-8040 FAX:03-5645-8041
mailgraphic

bar
≫行動チームに戻る

copyright: Water Security Council of JAPAN all rights reserved.