イベント情報
お知らせ
トップページ > 活動内容 > 政策提言 > 第2回アジア・太平洋水サミット開催記念行事

 国連「世界水の日」記念イベント
~第2回アジア・太平洋水サミットに向けて~

参加者募集



国連「世界水の日」(3月22日)、さらに、本年5月にタイ・チェンマイにて開催される「第2回アジア・太平洋水サミット」に向けて、日本水フォーラムは、「災害」、「衛生」、「気候変動」に焦点を当てた記念イベントを下記のとおり開催いたします。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

開催概要
開催日 平成25年2月20日(水)
構成 第1部: 9時00分~12時30分(開場: 8時30分)
  • 「『持続可能な衛生:2015年への加速』イニシアティブ・フォローアップ会議~地域社会の衛生問題を考える」
    » プログラム

参加者交流会: 12時40分~13時45分(開場: 12時30分)
  • ※ビュッフェ形式の昼食付、第1部・第2部双方のスピーカーをご招待予定

第2部: 14時00分~16時20分(開場:13時30分)
  • 「アジア・太平洋地域の水と気候変動適応策シンポジウム」
    » プログラム
会場 都市センターホテル 5階会議室「オリオン」
  • 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-1  TEL 03-3265-8211
    » 会場案内
    ※参加者交流会は、同ホテル6階の601会議室にて開催いたします。
言語 日本語・英語(同時通訳有り)
定員 第1部、第2部: 各100名  参加者交流会: 50名
参加費 第1部: 1,000円※
第2部: 1,000円※
参加者交流会: 2,000円
当日、受付にてお支払いをお願いいたします。
※ただし、第1部、第2部の参加費については、日本水フォーラム会員の方、または学生の方は、無料とさせていただきます。
参加申込方法 参加申込用紙に必要事項を記入し、平成25年2月15日(金)までに、E-mail (2013symposium@waterforum.jp) 、FAX (03-5645-8041)、または郵送にて、お申込みください。
参加申込用紙 » Word版(130KB)  » PDF版(278KB)

<インターネットでのお申込み>
» 第1部  » 参加者交流会  » 第2部
お問合せ・お申込み先 特定非営利活動法人日本水フォーラム
  • 〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町5-4 アライズ第2ビル6階
    TEL: 03-5645-8040 FAX: 03-5645-8041 
    E-mail: 2013symposium@waterforum.jp
    (第1部)担当: 浅井、横山、田中
    (第2部)担当: 福本、戸野原、吉野、田中

本イベントは、財団法人河川環境管理財団の河川整備基金の助成を受けています。

第1部: 9時00分~12時30分
「『持続可能な衛生:2015年への加速』イニシアティブ・フォローアップ会議~
地域社会の衛生問題を考える」

 一昨年の東日本大震災では、上下水道等の水・衛生施設の大規模な被害により、日本に住む私たちは、衛生問題に直面することとなりました。
 世界では、ミレニアム開発目標(MDGs)の目標年である2015年まで残り3年に迫る現在においても、衛生分野の目標達成(*1)は、依然として非常に厳しい現状にあります(*2)。衛生問題の解決に向けて、今こそ、2015年以降も見据えた更なる議論と行動が必要です。
 本会議では、「基礎的な衛生施設へのアクセス」の重要性を再認識するとともに、衛生問題解決のための具体的アプローチについて議論を行います。また、本会議を通じて、衛生問題の解決に一層の注力が必要であることを国内外に訴えると共に、2015年以降の目標を共有することを目指します。

※本会議は、平成22年に開催され、ミレニアム開発目標の達成に向けた議論が行われた『国際衛生年フォローアップ会議』(主催: 日本政府、アジア開発銀行、国連大学)の成果を踏まえ、国連総会決議がなされた、『持続可能な衛生:2015年への加速』イニシアティブのフォローアップ会議として開催いたします。

(1) 開催概要
日時 平成25年2月20日(水)9時00分~12時30分(開場: 8時30分)
主催 特定非営利活動法人 日本水フォーラム
後援 外務省、国土交通省
協力 アジア・太平洋水フォーラム(APWF)、独立行政法人国際協力機構(JICA)、日本サニテーションコンソーシアム(JSC)
助成 河川整備基金(財団法人河川環境管理財団)
(2) プログラム(予定)
09:00-09:10 開会挨拶
  • 日本水フォーラム 事務局長 竹村 公太郎
09:10-09:20 「ポストMDGsに向けたステークホルダーの参画の機会(仮題)」
  • 外務省 国際協力局地球規模課題総括課 企画官 狩俣 篤志氏
09:20-09:40 特別講演 「東日本大震災と衛生(仮題)」
  • NPO法人日本トイレ研究所 代表理事 上 幸雄氏
09:40-10:05 基調講演1 「『持続可能な衛生』の現状と課題(仮題)」
  • アジア・太平洋水フォーラム(APWF)執行審議会 副議長 ラビ・ナラヤナン氏
10:05-10:30 基調講演2 「地域コミュニティと衛生(仮題)」
  • ドイツ国際協力公社(GIZ)
  •  国際水政策・インフラストラクチャー部門長 ウルリケ・ポコルスキー氏
10:30-10:35 UDドライトイレ(ポータブル型無水し尿分離トイレ)(*3)のご紹介
  • トイレの未来を考える会 代表 清水 芳久氏(京都大学工学研究科教授)(予定)
10:35-10:45 ~休憩~
10:45-12:20 パネル・ディスカッション 「持続可能な衛生の実現に向けて」

ファシリテーター:
  • アジア・太平洋水フォーラム(APWF)執行審議会 副議長 ラビ・ナラヤナン氏
パネリスト:
  • ウォーターエイド(WaterAid)代表 バーバラ・フロスト氏
    ドイツ国際協力公社(GIZ)
  •  国際水政策・インフラストラクチャー部門長 ウルリケ・ポコルスキー氏
    国連人間居住計画(UN-HABITAT) 上級人間居住専門官 深澤良信氏
    国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP) 環境開発部
  •  経済専門官 アイーダ・カラシャノワ氏
  • 環境・公衆衛生機関(ENPHO)(*4)事務局長 スマン・シャクヤ氏
12:20-12:30 議論の総括、閉会
*1: 2015年までに、適切な衛生施設(トイレ)を継続的に利用できない人々の割合を1990年比で半減することが目標に掲げられている。
*2: 国連児童基金及び世界保健機関によるジョイント・モニタリング・プログラムの報告書によれば、2010年時点で、世界人口の37%に当たる25億人が適切な衛生施設(トイレ)を利用しておらず、うち11億人は野外排泄を行っており、トイレすらない、と推定されている。現状の改善のペースでは、2015年においても、世界人口の33%が適切な衛生施設を利用せず、2015年の時点で25%まで削減するという目標にすら遠く及ばない。
*3: 途上国において導入した技術・経験を活用し開発され、東日本大震災の被災地で活躍。第14回(2012年)『日本水大賞』グランプリ受賞。
*4: ネパールの現地NGO

参加者交流会: 12時40分~13時45分

 ビュッフェ形式の昼食付、第1部・第2部双方のスピーカーをご招待予定

» 上に戻る

第2部: 14時00分~16時00分
「アジア太平洋地域の水と気候変動適応策シンポジウム」

 気候変動は、渇水、洪水の激化など、水の姿を通して私たちの生活に直接的に大きな影響を与えます。それは、食糧、エネルギーの問題とも密接に関係してくる課題です。
 水の安全保障の確保のためには、気候変動に対する適切な対応・対策の推進が不可欠です。昨年、アジア開発銀行が中心となり、アジア太平洋地域のリーダー並びに為政者に向けた「水と気候変動適応策の枠組文書」(発行: アジア・太平洋水フォーラム)が発表されました。
 本シンポジウムでは、同文書に関する情報提供を通じて、気候変動が水にいかなる影響を与えるのか、その悪影響を回避するため何をなすべきなのか、最新の議論をご紹介すると共に、今年の5月19日~20日にタイ・チェンマイにて開催される第2回アジア・太平洋水サミットに向け、アジア太平洋地域の水と気候変動に対する適応策について議論を深めます。

(1) 開催概要
日時 平成25年2月20日(水)14時00分~16時20分(開場:13時30分)
主催 特定非営利活動法人 日本水フォーラム、アジア・太平洋水フォーラム(APWF)
後援 国土交通省
協力 APWF水と気候変動運営グループ、アジア開発銀行(ADB)
助成 河川整備基金(財団法人河川環境管理財団)
(2) プログラム(予定)
14:00-14:05 開会
  • 日本水フォーラム 事務局長 竹村 公太郎
14:05-14:20 講演1 「水と気候変動適応策の枠組文書の策定について(仮題)」
  • アジア開発銀行(ADB) 主席水資源スペシャリスト ヴァウター ・アリエンス氏
14:20-14:50 講演2 「アジア太平洋地域における水と気候変動適応策について(仮題)」
  • APWF水と気候変動運営グループ議長、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授 小池 俊雄氏
14:50-15:15 [NEW!] 講演3 「温暖化の危機迫る。ヒマラヤの現場から」
  • アルピニスト、日本水フォーラム評議員 野口 健氏
15:15-16:15 パネル・ディスカッション 「アジア太平洋地域の発展に向けて」

ファシリテーター:
  • アジア・太平洋水フォーラム(APWF)執行審議会 副議長 ラビ・ナラヤナン氏
パネリスト:
  • APWF水と気候変動運営グループ議長、東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授 小池 俊雄氏
    アジア開発銀行(ADB) 主席水資源スペシャリスト ヴァウター ・アリエンス氏
    ウォーターエイド(WaterAid)代表 バーバラ・フロスト氏
16:15-16:20 議論のまとめ

* 本シンポジウムの参加者の方には、水と気候変動適応策の枠組文書(Framework Document on Water and Climate Change Adaptation (英語))と日本語仮訳版をお配りいたします。

» 上に戻る

連絡先

Copyright 2004-2012 JAPAN WATER FORUM, All Rights Reserved.

私たちについて

活動内容

ご支援・ご参加

ライブラリー