イベント情報

お知らせ

トップページ > 活動内容 > 草の根活動の支援 > インドネシアの小島での水・生計支援

Charity for Water: インドネシアの小島での水・生計支援

rainwater tank   rainwater tank  
実施国: インドネシア
実施地: ロンボク島の小島「Gili Asahan」
 
プロジェクト内容
1. 貸付スキームを構築し、小額融資により雨水貯留タンク(4,000リットル)の設置を10世帯に行う。
2. 島内の学校の、破損していたトイレ2基を再建設する。
 
現地パートナー: JARI
 
Gili Asahanの位置
map map2
 
プロジェクト実施前の現地の状況
 プロジェクトの実施地は、インドネシアのロンボク島南西部の半島近くに位置する小さな島の一つで、35世帯約140人が暮らしています。村民は、ほとんどが漁業で生計を立てていますが収入はわずかです。
 
  meeting   basin  
  現在直面している水問題の解決法について議論するGili Asahanの村民   村内の洗濯や沐浴をする場所。使われる地下水は飲用に適していない。  
 
  house   rainwater tank  
  Gili Asahanの一般的な住宅   平成23年度に東レ・トレビーノ基金でGili Asahanの学校に設置された雨水貯留タンク  
 
プロジェクト進捗状況(2012年5月)
 現地パートナーにより島内住民に向けた会合が開かれ、今回のプロジェクトの趣旨説明と、タンク設置への協力や生計支援に向けたトレーニングへの参加をお願いしました。また、貸付に関する全般を運営するマネジメントチームも設立されました。チームのメンバーを中心に今後の貸付スキームの構築を行う予定です。
 
  meeting   management team  
  住民に向けた会合   マネジメントチームのメンバー。右端の男性が島民からの信頼も厚く、代表に選ばれた。  
 
プロジェクト進捗状況(2012年9月)
 全35基設置予定の雨水貯留タンクのうち、現在までに9基が完成し、1基が設置中です。
 
meeting   basin   basin
 
プロジェクト進捗状況(2013年5月)
 【雨水貯留タンクの設置】 10基すべての雨水貯留タンクが建設され、建設費用の返済が始まりました。
 
Mr. Pak Ahmat   Mr. Pak Ahmat   Mr. Pak Rahman   Mr. Pak Rahman
Mr. Pak Ahmat Mr. Pak Rahman
Mr. Pak Rahanan (Wife)   Mr. Pak Rahanan (Wife)   Mr. Pak Husen (Wife)   Mr. Pak Husen (Wife)
Mr. Pak Rahanan (Wife) Mr. Pak Husen (Wife)
Mr. Pak Sarila   Mr. Pak Sarila   Mr. Pak Sahdan (Wife)   Mr. Pak Sahdan (Wife)
Mr. Pak Sarila Mr. Pak Sahdan (Wife)
Mr. Pak Munakib   Mr. Pak Munakib   Mr. Pak Sahabudin   Mr. Pak Sahabudin
Mr. Pak Munakib Mr. Pak Sahabudin
Mr. Harris   Mr. Harris   Mr. Pak Nas    
Mr. Harris Mr. Pak Nas
 【トイレの再建設】 島内の学校のトイレは、数年前から破損していましたが、そのまま放置されており、今回2基を再建設しました。
 
Mr. Pak Ahmat   Mr. Pak Ahmat        
破損したまま、使用されていなかったトイレ

Mr. Pak Ahmat   Mr. Pak Ahmat   Mr. Pak Rahman   Mr. Pak Rahman
建設作業人によりトイレが建設されました。  

Mr. Pak Ahmat   Mr. Pak Ahmat   Mr. Pak Rahman    
トイレの壁面を使って、衛生問題の啓発についての表示を行いました。
左の写真のトイレは、右が「男性用(MAME)」、左が「女性用(NINE)」と表記されています。
また右の写真には、「手を洗いましょう」、「野外排泄を止めましょう」、「清潔に保ちましょう」と表記されています。


 
(最終更新日: 平成25年6月30日)

» 上に戻る