草の根活動の支援

飲み水や衛生環境などの改善に、草の根レベルで取り組む現地活動を支援しています。

JWFファンド

JWFファンド

JWFファンドは、2005(平成17)年に日本水フォーラムが設立し、独自に運営する助成基金です。毎年、発展途上国の団体を対象に、水問題の解決や改善に関するプロジェクトを公募し、1プロジェクト当たり1,000USドルを上限とした助成を実施しています。

SMILE by WATER

SMILE by WATER

日本青年会議所と日本水フォーラムの共同プロジェクト。国連持続可能な開発目標の目標6「すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する」を推進する、2016(平成28)年から5カ年にわたるプロジェクトです。

ダルビッシュ 有 水基金

ダルビッシュ 有 水基金

発展途上国の人々に安全な水を提供することを目的に、2007(平成19)年3月、ダルビッシュ有投手が日本水フォーラムと協力して設立した基金です。ダルビッシュ有投手は、公式試合で勝利投手となるごとに、10万円を寄付することを続けています。

4℃ AQUA PROGRAM

4℃ AQUA PROGRAM

株式会社4℃ホールディングスと日本水フォーラムの共同プロジェクト。2008(平成20)年から、水と衛生に関する深刻な問題を抱える、発展途上国の女性を支援する取り組みを継続しています。

4℃ AQUA PROGRAM

京都世界水大賞

京都世界水大賞

第3回世界水フォーラムが、2003(平成15)年に、日本(琵琶湖・淀川流域)で開催されたことを契機に始まりました。3年に一度、世界水フォーラムの開催年に、水問題解決のための草の根活動に取り組む世界の団体を表彰しています。

東レCSRプロジェクト

東レCSRプロジェクト

東レ株式会社と日本水フォーラムの共同プロジェクト。2011(平成23)年から、持続可能な社会づくりに向けた社会貢献活動の一環として、発展途上国の水と衛生環境の改善のための活動を展開しています。

東レ株式会社

TOTO水環境基金

TOTO水環境基金

2016(平成28)年度、TOTO株式会社からの助成により、インド西ベンガル州コルカタのスラムにおける水問題の取り組みを支援しています。青少年が中心となり、地域の水環境・保健衛生やコミュニティ防災に関し、意識啓発と対策行動を促す活動です。