ニュース

2017年05月17日

政策提言

ADB年次総会参加報告

日本水フォーラムは、創設50周年を迎えたアジア開発銀行(ADB)年次総会にブース出展し、ADB加盟国の財務関係者等に対して、水問題に取り組む重要性と投資の必要性をアピールすると共に、APWF及び第3回アジア・太平洋水サミット開催に向けた取り組みを紹介しました。

1. ADB年次総会開催概要

会期 2017年5月4日(木)~7日(日)
会場 パシフィコ横浜及び周辺ホテル
参加者 各国財務大臣、中央銀行総裁、民間金融機関関係者、NGO、報道機関関係者など 約6,000人

50th Annual Meeting: Board of Governors Photo by Asian Development Bank - 50th Annual Meeting: Board of Governors (2017) / CC BY 2.0

※アジア開発銀行(ADB)
加盟国・地域数67、うち域内48。本部はフィリピン・マニラ。1966年に創設。

○総会では、ADBの中尾総裁が長期戦略の一環として、新たなインフラ投資を呼び掛け、「アジアでは2030年までに、エネルギー、交通、通信、および水関連の投資に年間1.7兆ドルが必要である」と指摘しました。
○ADBは、アジア太平洋地域のプロジェクト形成と実施における高度技術(high-level technology)の活用を促進するため、信託基金を設立することを発表しました。日本政府は、この基金の最初のドナーとなり、今後2年間で4,000万ドルを拠出する予定です。
2. ADB年次総会におけるブース出展の様子
○ADB年次総会には、横浜市ほか約40企業・団体が出展し、日本水フォーラムは、(独法)水資源機構(JWA)と共同出展を行いました。

Booth2_340 Booth3_340
JWF/JWA共同ブース 官民の財務関係者が多数訪れた
Booth1_500
ポスター展示
(水問題の深刻さや経済に与える影響、事前対策・投資の効果について発信)

ニュース一覧を見る