ニュース

2017年03月31日

政策提言

「水未来ジャーナル」創刊号を発行しました

日本水フォーラム初の機関誌として、2017(平成29)年3月31日、「水未来ジャーナル」を創刊しました。

「水未来ジャーナル」は、日本水フォーラムが年に一度開催するシンポジウム「水未来会議」と連動しています。水未来会議と同様、持続可能な開発目標(SDGs)をはじめ、パリ協定や本邦水循環政策など、国内外で水に関連する新たな潮流を迎えたことを受け、今後の水行動の指針となるべき長期かつ広範なビジョンを展望し、様々な取り組みの一層の推進とイノベーションの促進に寄与することを目指しています。

「水未来ジャーナル」創刊号は、「水未来会議2017」の企図や議論の成果を、より広く発信するとともに、今後の日本水フォーラムの、活動の重点を示す内容ともなっています。

日本水フォーラムは今後、国内外の各種課題をどのように解決していくか、という方向に力を注ぎ、日本の経験や叡智を発信、国内外の政策提言に取り組んで参ります。

水未来ジャーナル創刊号」(PDF、5MB)

目次
■ 対談 日本から考える持続可能
■ 水循環基本法及び水循環計画に基づく取組の動向
■ 国連「世界水の日」記念・水未来会議2017
■ SDGsへの潮流と水
■ 第3回アジア・太平洋水サミット開催に向けて

※水未来ジャーナルは、公益信託土木学会学術交流基金による助成を受け創刊されました
(報告者:マネージャー 桑原清子)

ニュース一覧を見る