イベント情報

お知らせ

トップページ > 私たちについて > 平成26年度評議会 開催報告

平成26年度評議会・設立10周年記念祝賀会 開催報告

開催概要

平成26年度評議会
日時 平成26年11月12日(水)15:30~17:00
会場 新宿住友ビル スカイルーム5
参加者 日本水フォーラム評議員14名、関係省庁21名(国土交通省、経済産業省、農林水産省、環境省、外務省)、日本水フォーラム会員10名、プレス2名、日本水フォーラム理事・監事4名、計46名
» 日本水フォーラム評議員名簿
設立10周年記念祝賀会
日時 平成26年11月12日(水) 17:30~19:00
会場 新宿住友ビル 住友ホール
参加者 日本水フォーラム評議員14名、関係省庁21名(国土交通省、経済産業省、農林水産省、環境省、林野庁)、日本水フォーラム会員65名、プレス4名、日本水フォーラム理事・監事11名、他(旧職員等)24名、計139名

評議会議事次第

祝賀会議事次第

  • 開会宣言 日本水フォーラム事務局長 竹村 公太郎
  • 代表挨拶 日本水フォーラム会長 森 喜朗
  • 乾杯挨拶 日本水フォーラム副会長 丹保 憲仁
  • 来賓挨拶 衆議院議員 中川 郁子氏
    国土交通省水管理・国土保全局局長 池内 幸司氏
    鹿島建設株式会社代表取締役副社長執行委員 田代 民治氏
    衆議院議員 橋本 岳氏
    特定非営利法人日本オゾン協会会長 藤原正弘氏
  • スライドショー上映  「皆様と共に歩んだ10年」
    ※会員限定コンテンツ » 会員限定コンテンツへのアクセス方法
  • 書パフォーマンス 笹島 沙恵氏

書道家笹島沙恵氏に書道パフォーマンスで2つの文字を書いていただきました。
・一文字目「永(えい)」に込めた想い
  この10年間、様々な分野の第一線で活躍しておられる皆様のお力添えにより、日本水フォーラムは、世の中に大きなうねり、新しいパワーを作り出してきました。この永という文字は、水が合流して勢いよく流れるところを表した字であり、まさに日本水フォーラムの存在を表現するのに相応しい文字と考えました。
  また、「永」という字は水の流れの長いことを指し、そこから、すべての「ながい」という意味になりました。 「水」が「長く続く」ことを意味するこの文字に、「すべての人が水に起因する苦しみから解放され、水の恩恵を最大限に享受できる世界の実現」という、道のりの長い私たちのミッションを達成するべく、これからも末永く頑張っていきたいという私たちの想いを表しています。

・ 二文字目「進(しん)」に込めた想い
   この私たちのミッションを達成するため、これからも日本水フォーラムが世界から一歩進んで、世界をリードする、という気概を表現しております。 一言で水問題と言っても、水不足や水質汚染、水災害、水による紛争など、世界には解決の難しい課題が複雑に絡み合って存在しています。
  日本水フォーラムは「水」を軸としながら、これらの問題の解決に向かって、1歩ずつであっても着実に、前進していかなければなりません。そういった私たちの使命感とそれを成し遂げるという強い意志を込めて、この文字を選びました。

   これからも日本に限らず、世界の仲間のため、躍進していくためには、ご支援いただく皆様のお力が不可欠です。今後とも皆様のご支援とご協力を賜りますよう日本水フォーラム一同、改めてお願い申し上げます。

» 上に戻る