私たちについてAbout us

日本水フォーラムについて

日本水フォーラムは、国内外の水関係者の交流連携窓口として、国内はもとより、 国連機関・国際機関、開発銀行、諸外国の政府・自治体、民間企業、研究者、NGOなどの多様な関係者と連携しています。
そのネットワークのもと、日本を含めた世界の水問題解決のために行動を起こす機会を創出し、地球上のすべての人々が、水の恩恵と価値を最大限に享受できることを目指しています。
2003(平成15)年に開催された「第3回世界水フォーラム」(京都・滋賀・大阪―琵琶湖・淀川流域)を契機に、その翌年に設立された団体です。

日本水フォーラム設立趣意書9KB

ビジョン

日本水フォーラムはすべての人が水に起因する苦しみから解放され、水の恩恵を最大限に享受できる世界の実現を目指します。

ミッション

日本水フォーラムは、大胆な発想と行動力によって、すべての人が水を通して生まれる喜びと苦しみを理解し、 地球上の水問題解決のために行動を起こす機会を創出していきます。

ネットワーク

network_pic

沿革

  世界水フォーラム 日本水フォーラムの 歩み  日本水フォーラムの 主な活動
2003

第3回開催

(日本 琵琶湖・淀川流域)

  打ち水大作戦参画開始
2004  

特定非営利活動法人 日本水フォーラム設立

NoWNET設立

 
2005     JWFファンド開始
2006

第4回開催 (メキシコ)

アジア・太平洋水フォーラム設立 水防演習ツアー開始
2007   第1回アジア・太平洋水サミット (大分・別府) 「別府からのメッセージ」

ダルビッシュ 有 水基金開始

会員企業との共同プロジェクト開始

2008     シンガポール国際水週間への参画開始
2009

第5回開催 (トルコ)

チーム水・日本/水の安全保障戦略機構設立  
2010     JWFファンドの受益者が10万人を超える
2011     東日本大震災復興支援
2012

 第6回開催(フランス)

   
2013   第2回アジア・太平洋水サミット (タイ・チェンマイ) 「チェンマイ宣言」 世界を変えるトイレプロジェクト
2015  第7回開催 (韓国)    
2016     水未来会議開始
2017   第3回アジア・太平洋水サミット(ミャンマー・ヤンゴン)「ヤンゴン宣言」  
2018 第8回開催(ブラジル)