チーム水・日本/水の安全保障戦略機構

2018年07月20日

チーム水・日本/水の安全保障戦略機構 叡智の発信

スマートエンジニアリングTOKYO 2018 水イノベーション セミナー を開催しました

2018年7月18日(水)から3日間、東京ビッグサイトにて、スマートエンジニアリングTOKYO 2018 (主催:一般社団法人 日本能率協会)が開催されました。その中で、「水の安全保障戦略機構」は、水イノベーション セミナーを行いました。

「チーム水・日本」の行動チームとして、水循環に関わる多種・多様な課題に取り組んでいる、一般社団法人 環境地水技術研究会 長谷川 泰彦 氏による、テーマ「人類・地球の持続可能性に見る 健全な水循環回復 への取組み」を講演しました。

現在、地球規模での水危機が深刻さを増している中、健全な水循環の維持・回復に向けた課題について、雨水の土壌浸透手法による実践事例をもとに、治水・環境対策の解決に寄与する方策を提案しました。

セミナー終了後のアンケートでは、「国の水循環健全化の取組みについて理解が深まった」、「昨今の豪雨被害の防止策における土壌の重要性に共感した」、「雨水浸透に関する話が興味深かった」などの声が聞かれました。
 
「水の安全保障戦略機構」は、セミナー開催等による日本の叡智の世界への発信を通じて、水問題の解決に向けて推進していきます。

 
≪セミナー開催概要≫

日  時 2018年7月19日(木)15:30~16:40(開場 15:15)
場  所 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東3ホール セミナー会場 B
主  催 「水の安全保障戦略機構」事務局(特定非営利活動法人 日本水フォーラム)
来場者数 約50名(水関連企業、地方自治体、大学研究者など)

プログラム  

【挨  拶】「水の安全保障戦略機構」事務局
              特定非営利活動法人 日本水フォーラム
            野口   淳

【講  演】  テーマ「人類・地球の持続可能性に見る 健全な水循環回復 への取組み」 
            一般社団法人 環境地水技術研究会
                長谷川 泰彦

【質疑応答】

 

≪セミナー会場の様子≫

P_20180719_153241_vHDR_On P_20180719_154331_vHDR_On

 

(報告者:マネージャー 野口 淳)

一覧を見る