アジア・太平洋水サミット

2018年10月17日

アジア・太平洋水サミット 政策提言

韓国国際水週間2018 セッション開催報告

9月12日~15日にかけ、韓国・大邱市で韓国国際水週間(Korea International Water Week: KIWW)2018が開催されました。
日本水フォーラムは、KIWW2018における「技術・実施・政策(Technology Implementation Policy)プラットフォームフォーラム」において、「ミャンマーにおける洪水リスクに取り組む開発パートナー間の協力促進への道筋」に関するセッションを開催しました。

<韓国国際水週間 概要>
開催期間:2018年9月12~15日
主催:韓国水フォーラム
共催:韓国政府環境部、大邱市、韓国水資源公社(K-Water)

▼韓国国際水週間 公式ウェブサイト(英語)▼
https://www.kiww.org/fairDash.do?hl=ENG

<セッション概要>
・開催日時:9月13日 16:00-17:30
・テーマ:「ミャンマーにおける洪水リスクに取り組む開発パートナー間の協力促進への道筋」

ミャンマーでは、民政移管に伴い、急速にインフラ・経済開発が進んでいる一方、洪水による被害が多発しています。 今日、多様な開発パートナーが各々のテーマ的関心や強みを活かしてミャンマーへの開発支援を行っていますが、開発パートナー間、及び、国内関係機関の調整が課題となっています。

本セッションは、第3回アジア・太平洋水サミットの成果文書「ヤンゴン宣言」(原文・英語邦訳)で掲げた、「水資源管理におけるあらゆるレベルでの連携」を推進していくことを目的として、ミャンマーの国内機関、及び、ミャンマーの主要開発パートナーである日本、世界銀行、韓国の機関それぞれが、水資源管理の観点からミャンマーにおける洪水管理に資する取り組みを紹介しました。パネルディスカッションでは、ミャンマーの洪水リスク管理に取り組む開発パートナー間の協力をいかに促進するか、ドナーを触媒とした国内機関の連携をどう進めていくか、その際の課題や対応策について、科学的知見、及び、制度設計の観点から、意見交換を行いました。

<発表及び議論の結果>
発表及び議論の結果、次の点が強調されました。

  • ミャンマーで洪水リスク管理対策を進めていく上での課題は、開発による洪水被害のインパクトがどれほどになるのか明確な理解が不足しており、科学的知見、動員できる資源、政治的意思の欠如と相まって、洪水による社会・経済的被害が悪化している。これらを克服するためには、セクター、及び分野を超えたバランスの取れた調整と各関係者コミットメントが必要である。ミャンマーの国家水資源協議会と国家災害管理協議会に情報が集約されると、ミャンマーの水関連災害への取組の推進につながる。
  • ミャンマーでは、異なるパートナーが出資し、それぞれがミャンマーの異なる省庁や権限のある市の機関と実施するプロジェクトの数が増えているが、インフラ、データ・情報、制度それぞれへの投資が継続的に強化されていくようなサイクルを構築していくことを重要視する必要がある。
  • ミャンマーで統合洪水管理対策に向けた連携を進めていく上で、様々な関係機関からの期待と現実との乖離にどう向き合い、対処していくかが課題であることが言及された。情報・経験の共有を通じて、中長期的にみても後悔しない対策から進めていくことが妥当である。
  • ミャンマーの洪水には、自然発生のものと、森林伐採や鉱物の採掘等、人為的な原因のものがある。ミャンマー政府は森林の違法伐採や鉱物の違法採掘を食い止めるための法を施行したが、実際に取り締まることは困難である。多様な利害関係者によるパートナーシップを通じて、人為的洪水の根本原因に取り組むことも急務である。

 

アジア・太洋水フォーラム(APWF)の事務局を務める日本水フォーラムは、第3回アジア・太平洋水サミットの成果文書である「ヤンゴン宣言」の推進・具現化を通じ、政策提言に取り組んでまいります。

KIWW2018_1 s_KIWW2018_2
セッションの様子 登壇者との集合写真

プログラム

16:00-16:05

Session Overview
朝山由美子(日本水フォーラム マネージャー)

16:05-16:15

Pathway Forward to Cooperation with Development Partners" "Recent Flood in Myanmar
Mr. Htun Lwin Oo(ミャンマー政府運輸通信省水資源河川系開発局 局長/国家水資源協議会 事務局長)

16:15-16-25

Activities to deal with flood risk management by multi-stakeholders of Myanmar
Dr. Khiin NiNi Thein(国家水資源委員会 委員)

16:25-16:35

ICHARM’s assistance for the activities of flood risk management in Myanmar
澤野久弥氏(国立研究開発法人土木研究所 水災害・リスクマネジメント国際センター 水災害研究グループ長)

16:35-16:45

Integrating the Development and Management of Water Resources in Myanmar: The Ayeyarwady Integrated River Basin Management Project
Dr. Marcus Wishart(世界銀行 水資源主任専門官)

16:45-16:55

Twante Canel Integrated Management Project in Myanmar 
Mr. KIN(Chang Si 韓国Isan Corporation 取締役)

16:55-17:25

パネルディスカッション
モデレーター:Mr. Peter Vos(グローバルグリーン成長研究所 水セクター主任)
パネリスト:全登壇者

17-25-17:30 Wrap up
Mr. Peter Vos(グローバルグリーン成長研究所 水セクター主任)

(報告者:マネージャー、朝山由美子)

一覧を見る