政策提言

2016年11月25日

政策提言 水と災害に関するハイレベルパネル(HELP)

水と災害ハイレベル・パネル(HELP)第8回会合が開催されました

水と災害ハイレベル・パネル(HELP)第8回会合がジャカルタ(インドネシア)にて開催されました。

「水と災害ハイレベル・パネル」(HELP)とは
2013年3月にニューヨークで開催された「国連水と災害に関する特別会合」を受け、近年世界各地で頻発・激化している水災害を軽減するために、「事前予防」型の防災対策を強化することを目的として、2013年に設立されました。
2015年3月に採択された仙台防災枠組、2015年9月に採択された国連持続可能な開発計画(SDGs)、2015年12月に採択されたパリ協定、また国内では2015年7月に閣議決定された水循環基本計画など、国内外の水課題解決の枠組みが新たな局面を迎えるなか、各国・国際機関が水災害軽減に向けて協調する取り組みの強化を目指しています。

~水と災害ハイレベル・パネル(HELP)第8回会合開催概要~

  • 日時:2016年11月1日(火) 9時30分~17時
  • 場所:インドネシア公共事業省(ジャカルタ、インドネシア)
  • 議長:ハン・スンス防災と水に関する国連事務総長特使
  • 主催:インドネシア公共事業省

会合の詳細は、水と災害ハイレベル・パネル(HELP)ウェブページをご覧ください。
http://www.wateranddisaster.org/eighth-meeting-of-help/(英語)

日本水フォーラムの取り組み
日本水フォーラムは、水と災害ハイレベル・パネル(HELP)の活動の支援等を通じ、関係機関に対する政策提言活動を行ってまいります。

(報告者:マネージャー 石原小枝)

一覧を見る