政策提言

2015年12月22日

政策提言 水と災害に関するハイレベルパネル(HELP)

第2回国連水と災害に関する特別会合が開催されました

ニューヨークの国連本部にて、現地時間の11月18日(水)9:00~17:50、第2回国連水と災害に関する特別会合(Second UN Special Thematic Session on Water and Disasters)が開催されました。国連が主催する「UN High-Level Water and Sanitation Days 2015」の一環で開催されたもので、同会合の開会式(オープニング・プレナリー)において、皇太子殿下の基調講演を行われました。

同会合の主催は国連事務総長、共催は「防災と水に関する国連事務総長特使」及び「水と災害ハイレベル・パネル」(High-level Experts and Leaders Panel on Water and Disasters (HELP))で、水と災害に関する国際的な関心を高め、過去の水関連災害の経験や教訓を共有する目的で開催されたものです。この前日にはHELP第6回会合も併せて開催されました。

 

 s_2ndSTS1 s_2ndSTS2

特別会合開会式が行われた
国連「総会ホール」

特別会合ハイレベルパネルに際しスピーチする
石井国土交通大臣
s_2ndSTS3 s_2ndSTS4
       特別会合メジャーグループパネル     特別会合科学技術パネルの議長を務めた
小池ICHARMセンター長(中央)

 

また、11月20日(金)には、「国連水と衛生に関する諮問委員会(UNSGAB)」最終会合が開催され、最終報告書「The UNSGAB Journey」が発表されました。UNSGAB名誉総裁を務める皇太子殿下は、この会合でもご講演を行われ、第一部ハイレベルパネルにもご臨席されました。

 

なお、皇太子殿下ご講演は、宮内庁ウェブサイトで公開されています。

 

UNTV(国連公式動画サイト)では、「水と災害に関する特別会合」「水と衛生に関する諮問委員会」における全てのセッションがノーカットで、共に前回(2013年)開催分も含め、閲覧が可能です。

それぞれ「water and disaster」「unsgab」でサイト内検索するとヒットします。

 

【UNSGABとHELPについて】

UNSGABは、2004(平成16)年2月、アナン国連事務総長(当時)から、小泉内閣総理大臣(当時)を通じて、橋本龍太郎元内閣総理大臣(当時、日本水フォーラム初代会長)に、議長の就任依頼があり、同年3月22日日の世界水の日に、同事務総長より設立が発表されたものです。

HELPは、2013(平成25年)6月1日に、第一回会合が東京で開催されました。以来、日本水フォーラムは水と災害に関する国際的な提言活動を支援しています。

 

【国内外の水に関する主な取組み】

・2015(平成27)年3月、第3回国連防災世界会議における仙台防災枠組採択

・2015(平成27)年7月、本邦水循環基本計画の閣議決定

・2015(平成27)年9月、国連70周年総会におけるSDGs採択

・2015(平成27)年12月、COP21におけるパリ協定採択

 

日本水フォーラムは、国内外の水課題解決に向けて、政策提言をはじめとする活動により一層邁進してまいります。

一覧を見る