ニュースレター

2019年06月19日

ニュースレター

JWF News 6月号 第4回アジア・太平洋水サミット 第1回合同実行委員会を開催しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【JWF News Vol. 176】第4回アジア・太平洋水サミット 第1回合同実行委員会を開催しました
2019年6月19日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇目 次◇

・巻頭言 アジア・太平洋水サミット合同実行委員会 

・日本水フォーラムからのお知らせ
- 打ち水大作戦2019~夏をシェア!
- JWFファンド2019 公募を開始しました!

・日本水フォーラムからの報告
- 第4回アジア・太平洋水サミット 第1回合同実行委員会を開催しました

・活動へのご支援・ご協力のお願いについて

・掲示板コーナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・巻頭言 アジア・太平洋水サミット合同実行委員会
代表理事 竹村公太郎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6月4日、第4回アジア・太平洋サミットの合同実行委員会が開催されました。森喜朗会長が委員長となり、17名の国内外の委員が参加され、熱心な議論が行われました。
多くのご意見をいただきましたが、今後の私たちにとってどれも重要なアドバイスで、身が引き締まる思いでした。
主なご意見としては
・化石エネルギーが制約される未来では、循環する水が人類存続の重要な鍵
・水問題はSDGsの中心課題
・アジアは、洪水、水質汚濁、地下水など、水関連災害や持続可能な水管理などの水が中心課題
・水問題は次世代を担う若者、流域の多様な関係者の協力が必要
などの貴重なご意見でした。

この議事を傾聴していた私は、森会長の指導力溢れる会議の進行と心温まるご挨拶に感動していました。
特に、「水閣僚会議」を創設するという意見が出たときです。
「水は多岐にわたる分野が複雑に関係して、個別分野の責任者では対応できない。全ての分野を統括する各国のトップである首相、大統領の強い指導力が必要。そのためのサミットを実施していきたい」
と森会長はご発言されました。
これが、アジア・太平洋水サミット(APWS)の根幹的目的なのです。この考え方で、橋本龍太郎前会長の指導でAPWSは生まれました。森会長はこの実行委員会で、改めて私たちにそれを強く再認識させました。

また、会議が終了する直前、森会長は天皇陛下が皇太子殿下時代に参加した世界水フォーラム、国連会議、万博など全ての会議をご紹介されました。そして「水問題に取り組んでいる私たちは、これからも勇気を与えられ、頑張っていきたいと思います」と結ばれました。
皇太子殿下の時代に何度も海外に随行された森会長の、心温まる締めの言葉でした。

第4回アジア・太平洋水サミットの第1回合同実行委員会が終了し、いよいよ私たち事務局員は全力で準備にあたっていくことになります。
皆様の心からのご支援をお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・日本水フォーラムからのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

- 打ち水大作戦2019~夏をシェア!

日本水フォーラムが事務局を務める「打ち水大作戦本部」は、今年も『打ち水大作戦2019』と題し、
雨水や二次利用水を使った打ち水の実施を、大暑7月23日~処暑8月23日の期間を中心として、全国へ呼びかけます。

現在、インスタグラム投稿キャンペーンを実施中。「#打ち水大作戦」をつけて投稿していただいた打ち水の写真から、グランプリと準グランプリを選出します。選出された作品は、打ち水大作戦本部の新聞広告や公式ポスターに使用されます。
皆様ふるって、ご参加ください(グランプリ〆切:7/1、準グランプリ〆切:7/15)。

▼詳しくはこちら▼
http://uchimizu.jp/campaign/

(報告者:マネージャー 桑原清子)

————————————————————————————————————————

- JWFファンド2019 公募を開始しました!

JWFファンドは、2005(平成17)年に日本水フォーラムが設立し、独自に運営する助成基金です。
発展途上国の水問題解決のために草の根活動を行っている団体を対象に、毎年プロジェクトを公募し、採択された団体には1プロジェクトあたり1,000 USドルを上限とした資金を助成しています。
この基金は、日本水フォーラムの会費や、一般の方からCharity for Waterに寄せられた寄付等により運営されています。

日本水フォーラムは、本年もJWFファンド2019の公募を行います。
本年の応募申し込み期間は、2019年6月3日~7月15日18時(日本時間)までです。なお本年は6~7件の採用を予定しております。

この基金による支援が、草の根レベルの水問題解決にとって確実な一歩となることを願っております。

▼詳しくはこちら▼
http://www.waterforum.jp/all/grass_roots_projects/jwf/2019/0603/?p=11418

(報告者:チーフマネージャー 石原小枝、副マネージャー 郡司晃江)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・日本水フォーラムからの報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

- 第4回アジア・太平洋水サミット 第1回合同実行委員会を開催しました

アジア・太平洋水フォーラム(APWF)(事務局: 日本水フォーラム(JWF))は、熊本市と共同して、2020(令和2)年10月に、熊本城ホールにて「第4回アジア・太平洋水サミット」(4th APWS)を開催します。 6月4日、4th APWSの円滑な開催に向けて、第1回合同実行委員会を衆議院第一議員会館にて開催しました。森喜朗委員長(APWF/JWF会長、元内閣総理大臣)始め、国内外17名の委員の参加の下、4th APWSの開催趣旨/プログラム(案)、4th APWSの招待者へのご出席の求め方、全体の運営方針等について、様々な建設的なご意見、ご助言を頂きました。

▼詳しくはこちら▼
http://www.waterforum.jp/all/policy_recommendations/apws/2019/0619/?p=11438

(報告者:ディレクター 浅井重範)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・活動へのご支援・ご協力のお願い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本水フォーラムは、皆様の会費及び寄付等によって国内外の水問題解決に向けた活動を行っております。
日本水フォーラムの活動を支援していただける会員を募集しております。
水問題解決に向けた持続可能な取組みを行うために、皆様の温かいご支援をなにとぞよろしくお願いいたします。

▼会員募集の詳細はこちら▼
http://www.waterforum.jp/jp/get_involved/

日本水フォーラムは、国内外の水問題解決に向けて分野問わず幅広い方々と協働で活動を展開しています。
日本水フォーラムの活動にご協力いただける方、ご興味のある方は以下よりお問い合わせください。

▼問い合わせ先はこちら▼
TEL: 03-5645-8040
E-mail: news[at]waterforum.jp
※[at]をアットマークに変えて送信してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・掲示板コーナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第11回水道技術国際シンポジウム】
主催:第11回水道技術国際シンポジウム実行委員会
日時:2019年7月9日(火)~11日(木)
場所:パシフィコ横浜 会議センター
https://water2019.jp

※免責事項:日本水フォーラムは、掲示板の掲載情報に関して責任を負いかねます。
掲載情報へのお問い合わせは各主催者へお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼過去のJWF Newsはこちら▼
http://www.waterforum.jp/jp/news/newsletter

※掲示板への掲載希望、新規配信希望、配信停止・変更などは、下記アドレスまで

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

JWF News Vol. 176 令和元年6月19日発行
特定非営利活動法人日本水フォーラム
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町5-4 アライズ第2ビル6階
TEL: 03-5645-8040 FAX: 03-5645-8041
E-mail: news[at]waterforum.jp URL: http://www.waterforum.jp
※[at]をアットマークに変えて送信してください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

一覧を見る