TOTO水環境基金

2017年06月01日

TOTO水環境基金

インドでの地域防災、人材育成プロジェクト 完了しました!

第11回TOTO水環境基金の助成を受け、日本水フォーラムは、JWFファンド2014で支援したインドでのプロジェクトを拡大し、コルカタでの地域防災、人材育成プロジェクトを実施しました。

JWFファンド2014で支援したインドでのプロジェクト報告はこちらhttp://www.waterforum.jp/jp/what_we_do/pages/grass_roots/jwf_funds/2014/doc/2_4_jp.pdf

プロジェクト実施概要
1)プロジェクト名
スラムでの意識啓発活動と水環境清掃による人材育成

2)実施地
インド 西ベンガル州 コルカタ 5つのスラム地域

20160908_india-png 20161017_west-bengal
インド 西ベンガル州

3)受益者数
約16,700人

4)実施期間
2016年6月~2017年3月

5)現地パートナー団体
Society for Equitable Voluntary Actions (SEVA)
http://www.sevakolkata.org/

6)実施地の課題
コルカタは、フーグリー川を抱え、世界有数の人口過密都市である。もともと冠水しやすい地形であるが、気候変動による雨量の増加により、洪水の発生頻度が高まっている。排水処理設備が老朽化し適切に雨水が処理されないため、洪水の被害は大きく、人命や家屋、生活環境や衛生環境が被害を受けている。
特に、コルカタに数多く存在するスラム地域は、貧弱な建設資材による家屋やもろい社会構造、水路に沿って立地する地理的環境が原因となり、洪水やサイクロンなどに対し非常に弱い状態にある。

7)実施内容
・関係機関への働きかけと協力の呼びかけ
・基礎調査
・地域での話し合いや聞き取り
・青少年や大人による地域の清掃活動
・携帯電話を活用した情報収集と発信方法のトレーニング
・トレーニングを受けた青少年による情報収集と成果物(ショートフィルム等)の作成
・成果物を用いたスラム地域・近隣の学校での啓発活動
・地方行政組織へのアドボカシー活動
・日本でのプロジェクト報告会開催

8)期待される成果
・スラム地域の住民が、洪水や地域環境についての理解を深めることで、被害を予防し、少なくできるようになる
・スラム地域の住民が、生活環境を衛生的に保つことができるようになる
・スラム地域の水関連の環境が改善する

実施地の様子

20161021_toto_1 20170522_TOTO_before
地域内の水路の現状 大雨の後は雨水があふれ、水源が汚染されやすい

プロジェクト実施の様子

20161021_toto_2 20170522_TOTO_during1
地域に住む住民への基礎調査 住民へのプロジェクト事前説明会
20170522_TOTO_during2 20161021_toto_3
野外でのフィクション映画作成講座 携帯電話を用いた情報収集
20170522_TOTO_during3 20161021_toto_4
集めた情報をもとにした成果物の作成 作成した成果物を用いた啓発活動

TOTO株式会社、日本水フォーラム会員の皆様、関係の皆様のご理解とご協力に、心より感謝いたします。
今後とも引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

本プロジェクトはTOTO水環境基金の助成を受けています。

(報告者:アシスタント・マネージャー 郡司晃江)

一覧を見る