JWFファンド

2020年05月20日

JWFファンド

JWFファンド2018フォローアップ キワニ地域での湧水保護と水と衛生習慣に関する啓発(ウガンダ)

JWFファンド フォローアップとは
JWFファンドは、現場の課題やニーズに効率的かつ効果的に応えることを念頭に活動しています。2015年からは、活動終了から約1年後に課題やニーズにどのような変化が見られたかを把握、理解することを目的に、現地団体の協力を得て、フォローアップ調査を実施しています。
フォローアップ活動を開始して5年目となる2019年度は、JWFファンド2018で支援した7件の実施団体のうち、5件(ラオス1件、マラウイ1件、シエラレオネ1件、ウガンダ2件)に、フォローアップ調査実施の打診をしました。その結果、ラオスを除く4団体から実施承諾の回答を得て、フォローアップ調査を実施しました。

本ページでは、キワニ地域での湧水保護と水と衛生習慣に関する啓発(ウガンダ)について、ご紹介いたします。

キワニ地域での湧水保護と水と衛生習慣に関する啓発(ウガンダ)

実施概要
・実施団体:Kiwanyi Health Centre-Group (KHC)(#029)
・実施国・地域:ウガンダ、イガンガ県
・実施期間:2018年10月~2019年2月
・受益者数:3,400人 (女性1,200人、男性500人、子ども1,700人)
・費用:1,400ドル (JWFファンド790ドル、受益者負担230ドル、実施団体負担380ドル)

実施地の課題
キワニ村の住民たちは、村の外にあるため池の水を飲み水やその他生活用水に使用している。しかし、このため池は保護されていないため汚染されやすく、安全でない。また、2018年4月に実施した訪問調査では、村の中にいくつかのトイレや水浴び小屋、ゴミ捨て場といった衛生設備が建設され、住民が利用していたが、手洗い場はなかった。キワニ地域保健センターの調査によると、この村に住む住民の6人に1人が下痢症または皮膚病に、26人に1人が眼の感染症にかかっている。

JWFF2018_#029_before1
住民が水源として利用していた、ため池

主な実施事項
・湧水保護設備1基の建設
・地域住民への水と衛生に関する啓発活動の実施
・地域住民への病気の予防と自宅での衛生習慣に関するトレーニングの実施
・利用者組合の設立
・水質検査の実施

jwff2018029during2 jwff2018_029during1
湧水保護設備建設の様子 地域住民への水と衛生に関する啓発活動の様子

JWFF2018_029_after
完成した湧水保護設備と住民たち

フォローアップ結果
実施団体KHCのスタッフ(Mrs. Nakamatte Florence)により実施されたフォローアップ調査の結果は以下のとおりです。

  • 建設した湧水保護設備の現在の状態
    - 湧水保護設備は、これまで破損もなく機能しており、水源は、計画通り汚染から守られている。
    - 湧水保護設備は、年間を通じ十分な量の安全な飲み水を供給している。
  • 維持管理体制
    - 利用者組合が、建設された湧水保護設備の管理を行っている。利用者組合には、8名(女性3名、Busaala村とKiwanyi村のリーダー各1名、宗教指導者2名、技術者1名)が所属している。
    - 利用者組合は2つの厳しい規則(夜間の水汲みと10歳以下の子どもが一人で水汲みをすることの禁止)により水源の使用を規制している。
    - 利用者組合による管理の下、利用者は、湧水保護設備の簡単な清掃等を毎日行っている。
    - 利用者組合は、主に地方保健局、KHCグループ、寄付者といった様々なステークホルダーとの協力を得て、財源と人的資源を確保している。
  • 受益者の変化
    - 利用者の手洗いや飲み水の煮沸といった衛生習慣が向上した。
    - プロジェクト実施前、衛生設備(簡素なトイレや水浴び小屋、ゴミ捨て場等)を既に持つ住民もいれば、持たない住民もいた。プロジェクト実施後、住民たちの中に新たな衛生設備を設置し始める人もいた。
    - キワニ地域保健センターによると、汚染された水に起因する病気は90症例から18症例に減少した。
    - 安全な飲み水を利用できるようになったことで、地域の結束力が向上した。
  • プロジェクト実施後の変化
    - 実施団体KHCは近隣の村から同様のプロジェクトの要請を受けた。資金の制約により、すべてには対応できなかったが、さらに2件のプロジェクトを展開した。

 

現場からの声

iconmonstr-user-20-240
Kadunga Jamalさん(54歳、男性)、ため池保護設備の利用者

  • 毎日、湧水保護設備を使っています。私が生まれてからこの村でずっと使ってきた水が安全になりました。
  • 私たちは毎週日曜日に湧水保護設備を清掃しています。
  • 私も私の子どもたちも、毎日下痢症になったり水を汲むために遠くまで歩いたりすることがなくなりました。 

 iconmonstr-user-20-240
Nalukwango Afuaさん(46歳、女性)、利用者組合のリーダー

  • 利用者組合はチームとして動いていて、メンバーの全員がそれぞれの役割を適切に果たしています。私たちは湧水保護設備の維持管理に必要な財源と人的資源をキワニ地域保健センターやイガンガ県、地域からの寄付によって確保しています。
  • 毎月、主に近隣の住民からたくさんの問合せを受けます。彼らは私たちの水が安全で豊富に利用できると知っているので、支援と人脈の紹介を求められます。
  • プロジェクトで良い衛生習慣に関して学んでからは、家にトイレや手洗い設備、を設置すること、飲み水を煮沸すること、良い衛生習慣を継続すること、食べ物をきれいな水で洗うことを実践しています。
iconmonstr-user-20-240
Tinga Davidさん(58歳、男性)、地域のリーダー

  • プロジェクト実施後、私たちの衛生習慣が改善されました。昔ながらの野外排泄や不十分な手洗いではなく、トイレを使い、適切に手洗いを行うようになりました。そして、以前ほど頻繁に病気にならなくなりました。
  • 地域の人びとは、安全な水を近くで手に入れられるようになったので元気に健康に暮らしています。これまでやっとのことで捻出していた病気の治療費を教育や食事に充てられるようになりました。

 

フォローアップ調査時の現地の様子

sJWFF2018FU#029
2018年に建設された湧水保護設備と地域の住民たち

(報告者:ディレクター 浅井重範)

一覧を見る