水の日/水の週間

2018年08月22日

水の日/水の週間 育成・啓発

第42回 水の週間「水のワークショップ・展示会」でワークショップを実施しました

東京国際フォーラムが主催する「キッズジャンボリー2018」に、第42回「水の日」・「水の週間」中央行事の一環である「水のワークショップ・展示会」が出展されました(8月14日(火)~8月16日(木))。水の週間実行委員会の委員である日本水フォーラムは、その中で、ワークショップ「クイズと実験で雨と水のふしぎを知ろう!」を実施しました。ワークショップは、子どもたちに水循環を知ってもらうことを目的に、NPO法人雨水まちづくりサポートと共同で企画運営し、雨水に関するクイズや実験を通じて、子どもたちに水循環を知ってもらう構成にしました。 開催当日は、猛暑の続く中にもかかわらず、多くの親子の方々に参加いただきました。普段あまり知る機会が無い、雨水の性質や特長、雨を含めた水循環の大きな流れについて、参加した皆さんに楽しみながら学んでもらうことができました。 今後も日本水フォーラムでは、子どもから大人まで、水循環について楽しみながら学ぶ機会を提供していきます。

地球上の水から海水を除くと、どのくらい残るかな? 雨水と水道水をくらべる実験
雨水と水道水では、せっけんの泡立ちに違いが出ます みんな毎日使うお水のことをみんなどれだけ知っているかな?

 

「クイズと実験で雨と水のふしぎを知ろう!」実施概要

開催日時

8月14日(火)14:15~15:15、15日(水)15:30~16:30

会場

東京国際フォーラム ガラス棟 会議室G701

主催

特定非営利活動法人 日本水フォーラム

共同企画

特定非営利活動法人 雨水まちづくりサポート

参加者数

合計約120名

 

 

(報告者:マネージャー 桑原清子)

一覧を見る